大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

普段使い、コミューターとしてのE.B.S Stuff

店頭販売中のE.B.S Stuffのご紹介です。
パーツチョイス次第で幅広く色んな方向性に振っていけるStuff。
便宜上グラベルロード寄りのモデルとしてご紹介することが多いStuffですが、実は今回ご紹介するようなコミューター的なアッセンブルでご注文いただくことも多いんです。
「コミューター」というと、ちょっと定義が曖昧になりますが、通勤や移動手段の足として、スポーツよりは普段使いに軸足を置いた使い方で、時にはちょっとツーリングにも。と言った使い方をしてもらってる感じです。
このフレームは標準設定とは違って、カンチブレーキ仕様になっています。
ディスクに比べて軽量でメンテナンス性に優れていますし、何より見た目がシンプルで、自転車がすっきり美しく見えますね。
パーツチョイスは、BROOKSのサドル&グリップにSim Works by NITTO のGetAround Barで肩の力を抜いて安心してのれる安定感です。
フロントギヤはシングルで40T。大阪市内だとこれぐらいがちょうど良いかな、という感じ。
場合によってはもう少し軽めもアリかもしれないので、変更希望の方は店頭でご相談ください。
この写真の状態にカスタムすると価格は215,000円(税別)となります。
お値段はまぁそれなりにしちゃいますが、日常的に使い物こそ、きちんとした品質のものを使い続けて行きたいという方におすすめしたいです。
そいう意味ではこういう自転車って調理道具なんかにも似てると僕はいつも思っています。
毎日使う包丁だから、その場しのぎじゃなくて、長く使って手に馴染んでいく。それぐらいの身近な感覚で、コミューターとしての自転車は生活の中の道具として乗られる方の生活に馴染んでいってくれると嬉しいです。
サイズはMサイズでシートチューブ長535mm。適応身長は170cm前後〜170cm代後半といったところでしょうか。色はツヤ感が綺麗なバーガンディです。
サイズと色がお好みに合えば即納も可能です。
せっかくなので、(それなりのお時間はいただきますが)自分のお気に入りの色でオーダーしても良いと思います。気になる方は店頭またはこちらからお気軽にお問い合わせくださいませ。

関連ブログ記事