大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

UNPEUオリジナル E.B.Sベーシックモデル計画、始動してます。(第一弾:VOKKA)

こんばんは、いつものブログ担当ナカでございます。
前々から計画していましたのでE.B.Sのフレームを極力お手軽な価格で完成車に仕上げるシリーズがいよいよ始動し始めましたのでご報告です。

第一弾は27.5インチホイールのATB「VOKKA」です。

こちらをShimano SLXでフロントシングル × リア11-42tのワイドレンジで仕上げました。
極力お手軽な価格で・・・と言ってもギリギリE.B.Sのフレーム価値に見合う構成にしたかったのでドライブトレインはSLXを投入しました。
ブレーキはメンテナンス性の良いシマノのワイヤー引きディスクブレーキ、タイヤは転がり抵抗が少ないので街乗りでも十分使えるマキシスのPACE(27.5×2.1)です。
その他のパーツは比較的ベーシックで無駄に目立たないものを選んでいます。
で肝心の価格ですが、、、158,000円(税別)です!

通常カラーはダークブルーグレーなんですが、今回の在庫車はオレンジ系です。
写真でお伝えするのが難しいですが、やや明るめのオレンジで店長のネーミングでは「サニーオレンジ」、まっすんのネーミングでは「エナジーオレンジ」です、イメージ伝わりますでしょうか?

写真の状態では付いていますが、ペダルは別売です。
あと今回はちょっと保険をかけてステム下のスペーサーを多めに入れていますが、ご納車の際に調整させていただきますね。

見かけによらずとても素直な性格です。

組み上がった車体を試乗してきました。
VOKKAの素性につきましては以前にこのブログでも「ニュートラル」と表現して紹介していましたが、今回のパーツ構成でもまさにそのニュートラルな性質を十分に感じられる、乗り手の意思にとても素直に答えてくれる良い自転車です。
フルリジッドのATBなんて一癖ありそう、と感じられるかもしれませんが、良い感じに裏切ってくれるとてもいい奴です。

曲がる・止まる・加速する、はもちろん超低速でも、ちょっと道路の小石を避けるときも何の危うさも感じない安心感と完全に自分のものにできてる感、があります。
逆にいうとどこかが突出して加速性がいいとか、機敏だとかいう訳ではないのですが、素晴らしくバランスの良い自転車なので、「E.B.Sらしさ」や「ハンドメイドの良さ」を存分に感じられる1台です。

今回作成したのはLサイズ(シートチューブC-T545.5mm)なので、身長176cm(手足はやや短いです)な僕が乗るとジャストサイズでした。敢えてMサイズを選んでダートでも取り回しが良いように・・・という考えも頭をよぎりましたが、実際にぴったりサイズに乗ってみるととても自然で素直な挙動だったのでこれで問題ないかも。と思いました。
Mサイズも塗装前のストックフレームがE.B.Sさんにありますので、ご注文いただければ比較的早めにご用意できますよ。

間違いなくロングライフです。

素材がクロモリ(Kaisei 022)なので素材のヘタリを気にしなくて良いのは言うまでもないですが、乗り手に素直に付き合ってくれる性格なので、将来
タイヤやハンドルを変えても、ラックやバスケットを付けても、どんな風に扱ってもその時々の好みや用途に合わせてカスタマイズしながら乗り続けられる1台だと思います。
国産ハンドメイド自転車にしては破格の設定なのでまずはこの仕様から乗り始めて見ませんか?

関連ブログ記事