大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

CRAZY SHEEPの700cクロスバイク「PERENDALE」がプロムナードハンドルバーになってリニューアル。


本日のブログは・・・・

CRAZY SHEEPの700cクロスバイク「PERENDALE」がプロムナードハンドルバーになってリニューアル。

という記事なんですけど、今回は自転車にこれから乗ってみようかな。とか、自転車は詳しくないけどお洒落な自転車に乗りたいわ。という方に向けて極力わかりやすく説明してみようと思います。

そもそもクロスバイクって何でしょうか?
私の解釈ではクロスオーバー(2つのものが交差する・ジャンルを超えて融合する)なバイク(自転車)ということにしています。(語源は諸説ありますので。)
ですので何と何を交差するか、でその定義はやや曖昧だったりしましてクロスバイクも時代に合わせて変遷がありました。
基本的に街乗りに使いやすいタイプの自転車と何かをクロスオーバーさせて良いとこ取りにしようというタイプの自転車がクロスバイクなのですが、マウンテンバイクが流行った時期にはやや太めのタイヤに少しだけ動くフロントサスペンションがついたりしたものも多かったです。この近年はロードバイクが隆盛ですので細いタイヤでローバイクと同じタイプのキャリパーブレーキを装備したものが主流になっていますね。
ちなみに欧米でクロスバイクというとシクロクロスという競技用の自転車を指すことが多いです。こちらはクロスオーバーのクロスではなくクロスカントリーのクロスですね。


プロムナードハンドルバーに変更

今までのモデルはまさにロードバイクよりな感じで、やや細めのタイヤに正統派なホリゾンタル(サドルとハンドルを結ぶフレームが地面と平行)なフレーム形状になっています。
ハンドルはまっすぐなので程よく前傾姿勢になり漕ぐ時には足にもグッと力をかけて踏ん張れます。
ロードバイクのような軽快な走行感を重視した設計ですね。
今回のリニューアルではこれをベースに、ハンドルを手前に曲がったプロムナードという形状に変更しいます。
ハンドル位置が手前に来ることでストレートハンドルよりも上体が起きてゆったりした乗心地になります。
体が起きる分視界も上を向きますので乗っていて非常に気分がいいですよ。

時代というのは常に揺れ動いている訳で、細いタイヤでシャキッと走るものが主流だった時代からやや緩いけど乗っていて気持ちいい、ゆったりしたものに変わっているのかもしれませんね。
可愛さ重視のキャラクターからゆるキャラへの人気の移り変わりのような感じでしょうか。

メーカーさんとしては
「CRAZYSHEEPが提案するCROSSBIKEは、スポーツテイストではない”LIFE STYLE CROSSBIKE”」
という定義だそうです。http://tmg13.com/13/3293/
”ライフスタイルクロスバイク” CRAZYSHEEPらしさが出てますね。


タイヤもちょい太めに。

今回のリニューアルではタイヤの幅が28ミリから32ミリに変更されました。
ロードバイクのタイヤがだいたい23ミリから26ミリぐらいが主流でしょうか。もともとそれよりはやや太めで、近年のクロスバイトしては一般的な28ミリでしたが、こちらもハンドルと同様にちょっと緩めになって32ミリです。
もちろんグリップ力も上がりますし、タイヤ内の空気のボリュームが大きくなりますので、乗心地もよくなり、パンクのリスクも少なくなります。
良いことづくめで書いていますが、デメリットも挙げるとすれば、やや重量と走行感が重くなります。ただこれはマウンテンバイクのように50ミリ前後のタイヤをつけている訳ではなく、ちょっと太くなるだけなのでさほど問題ではないと思います。

カラーバリエーションもリニューアル。
最後になりましたがとっても大事なこと、カラーバリエーションも一新されています。
3色ともつや消し塗装になっています。
全く艶のない感じではなく5分艶といった感じです。
ちょっと曖昧な表現ですがエッグシェルなんて言い方もされます。卵の殻ぐらいのツヤ感です。

・マットブラック・・・・シンプルなブラックです。地味で無難と思われがちですが、存在感がしっかりしています。ブラウンサイドのタイヤと相まってちょっとクラシカルな趣もありますね。

・マットブリック・・・・赤レンガの赤色ですね。可愛いだけじゃなくてちょっと深みがあります。デニムにもよく合う色なのでぜひ男性にもチャレンジしていただきたいです。

・マットインディゴ・・・・ネイビー系の自転車は他メーカーでも見かけることがありますが、こちらはネイビー
ではなくインディゴ。ちょっと複雑な色合いです。(すみません。言葉では表現できませんでした。)

気がつけばだらだらと長文を書いてしまいました。すみません。
でも最後にもう一つだけ。。。

フロントフォークの形状が変わりました!
こちらが今までのタイプ

こちらが新しいタイプ

肩の部分がラグ(接ぎ手)を使ったものに変わっています。
意外と全体の印象を左右する部分なので、非常に大きな変更ですね。
見た目の好みは人ぞれぞれかもしれませんが個人的には好きです。

店頭ではお使いのご用途や合わせたご提案や他車種との違いなど、もう少しピンポイントにご説明させていただけます。ぜひ店頭でお声がけくださいませ。

関連ブログ記事


記事の内容に関するお問い合わせはお気軽にお問い合わせください。
 →お問い合わせページ

facebook

Instagram
@velo_life_unpeu