大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

Raleighのミニベロフラッグシップはネオクラシック。

最近ラレーのご紹介が多いのですが、、、
実際売れてますし、在庫が入荷していますので今日もご紹介いたします。
今回の入荷はRaleigh 「RSC -RSW Carlton-」。
スチールグレーはもともと店頭にあったのですが、ロンドンゴールドが入荷しています。(今ならサイズも460・520共にございますよ!)

細身でラレー独特のクラシックな塗装を施されたフレームに現代のロードバイクのパーツをそのまま搭載しています。
しかもフレームで使用しているパイプはレイノルズ製。パーツはシマノ105。
新旧の融合と言いましょうか。ネオクラシックな雰囲気を感じていただきたい一台です。

コンポーネントはフロントギヤがシマノ105のものでは小さすぎるので56Tを使うためスギノ製を使用していますが、それ以外は前後ハブまでシマノ105です。

他にも見た目もシャープな軽量サドルや今風のシャローでコンパクトなハンドルバーだったりバーテープもしっかりグリップするラバータイプです。
あと極め付けはカーボンフォークですね。
ここまでクラシックなデザインのラレーならフォークもクロモリで、、、とおっしゃる方もあるかと思いますが、ここはきちんとネオクラシックを貫いてカーボンフォークです。

性能面では全くスキの無い現代的なパーツチョイスをしておいて、フレームはレトロ調。
このギャップがたまりません。
実物の質感もぜひ店頭で見てみてくださいね。

余談ですが、この車名にも入っているCarltonというのは60年台にラレー社と合併したレース用自転車専門のブランドです。
レーシーなモデルにはその名を今も受け継いでいるわけですね。ちなみに古い車種にはラレーのロゴがなくてダウンチューブに「Carlton」と入っているものもあります。(私も1回しか見たことありませんが・・・)

関連ブログ記事


記事の内容に関するお問い合わせはお気軽にお問い合わせください。
 →お問い合わせページ

facebook

Instagram
@velo_life_unpeu