大阪南堀江のミニベロ&折りたたみ自転車専門店

DAHON

*

圧倒的な生産量を誇るフォールディングバイク専門メーカー「DAHON」。
近年は軽量・本格的スポーツモデルやデザイン性に優れたモデルをリリースしています。

-DAHON/LineUp-
モデルの在庫は以下になります(1月現在)2014年Presto-SL×1台
2014年DashP8・グリーン×1台
2014年DashP8・ブラック×1台
2014年SpeedFalco・ブラック×1台
2014年Couve-D7・ブラック×1台
2014年Couve-D7・レッド×1台

その他モデルもお気軽にお問い合わせください。



モデル:2014Curve-D7
プライス:62,000円+TAX
タイヤサイズ:16(305)インチ
フレームカラー:ブラック
適応身長:137cm-180cm
重量:11.7kg
変速:7段変速
詳細画像:詳細ページ
コメント:DAHONの定番フォールディングバイクの一つカーブD7入荷しています。 タイヤサイズは16インチながら高剛性のフレーム+外装7段により しっかり走ってくれるコンパクト折畳です。お値段もまだ控え目なので 普段使い・仕事での外回りで使うなど便利な1台です。勿論折畳みは簡単です。
折畳サイズ:71×64×34cm



モデル:2014Curve-D7
プライス:62,000円+TAX
タイヤサイズ:16(305)インチ
フレームカラー:レッド
適応身長:137cm-180cm
重量:11.7kg
変速:7段変速
詳細画像:詳細ページ
コメント:DAHONの定番フォールディングバイクの一つカーブD7入荷しています。 タイヤサイズは16インチながら高剛性のフレーム+外装7段により しっかり走ってくれるコンパクト折畳です。お値段もまだ控え目なので 普段使い・仕事での外回りで使うなど便利な1台です。勿論折畳みは簡単です。
折畳サイズ:71×64×34cm



モデル:2014DashP8
プライス:86,000円+TAX
タイヤサイズ:20(406)インチ
フレームカラー:ブラック・レッド・グリーン
適応身長:153cm-175cm
重量:10.8kg
変速:8段変速
詳細画像:詳細ページ
コメント:6mmアーレンキー工具1本で折畳みが可能なフォールディングバイク。電車への輪行や お車に入れたり、マンションに入れたり、スムーズでストレスを感じさせないフォールディングです。 タウンユース・スポーツなど様々な楽しみを味わえます。
折畳サイズ:89×95×34cm



モデル:2014DashP8
プライス:86,000円+TAX
タイヤサイズ:20(406)インチ
フレームカラー:ブラック・レッド・グリーン
適応身長:153cm-175cm
重量:10.8kg
変速:8段変速
詳細画像:詳細ページ
コメント:6mmアーレンキー工具1本で折畳みが可能なフォールディングバイク。電車への輪行や お車に入れたり、マンションに入れたり、スムーズでストレスを感じさせないフォールディングです。 タウンユース・スポーツなど様々な楽しみを味わえます。
折畳サイズ:89×95×34cm



モデル:2013MuP8
プライス:84,000円
タイヤサイズ:20(406)インチ
フレームカラー:ホワイト・ミッドナイトブルー・ボルドー・ブラック(限定色)
適応身長:142cm-193cm
重量:11.5kg
変速:8段変速
拡大画像:横位置前位置後位置ハンドル周りサドル フレーム折畳図
コメント:スタンダードなフォールディングモデル「MuP8」。折畳も簡単でコンパクトになるので 家・オフィース保管にも向いています。スペック的には街乗りから電車で輪行して 観光地で使ったり必要十分なレベルです。折畳自転車で悩まれている方にお薦めです。
折畳サイズ:79×65×34cm



モデル:2013MuP8
プライス:84,000円
タイヤサイズ:20(406)インチ
フレームカラー:ホワイト・ミッドナイトブルー・ボルドー・ブラック(限定色)
適応身長:142cm-193cm
重量:11.5kg
変速:8段変速
拡大画像:横位置前位置後位置フレーム脱着カゴ カゴ取外し図折畳図
コメント:スタンダードなフォールディングモデル「MuP8」。折畳も簡単でコンパクトになるので 家・オフィース保管にも向いています。スペック的には街乗りから電車で輪行して 観光地で使ったり必要十分なレベルです。折畳自転車で悩まれている方にお薦めです。
写真のブラックカラーはプレミアムディーラーのみの御取扱になります
*自転車に取付けられているFバスケットはオプション(5,775円)です。
折畳サイズ:79×65×34cm(カゴ部分含まず)

関連ブログ記事

    None Found


記事の内容に関するお問い合わせはお気軽にお問い合わせください。
 →お問い合わせページ

facebook

Instagram
@velo_life_unpeu